読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oul’s blog

主に読んだ本や漫画、見た映画の感想、その他雑記を書いていきます。

『五分後の世界』感想

村上龍『五分後の世界』の感想です。 著者自身が「最高傑作」と評しているとあって、以前から気になっていたのですが、このたびついに読むことができたので感想を書きたいと思います。

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

五分後の世界 (幻冬舎文庫)

あらすじ

箱根でジョギングをしていたはずの小田桐はふと気がつくと、どこだか解らない場所を集団で行進していた。そこは5分のずれで現れた『もう一つの日本』だった。『もう一つの日本』は地下に建設され、人口はたった26万人に激減していたが、第二次世界大戦終結後も民族の誇りを失わず、駐留している連合国軍を相手にゲリラ戦を繰り広げていた……。 (Wikipediaより

パラレルワールドに迷い込む」 + 「ディストピアもの」と言えるでしょうか。

以下、ネタバレを含む感想となりますので、未読の方はご注意ください。

感想

正直なところを言えば、よく分からなかったというが素直な感想です。
最初に文庫本を手に取ったとき、思ったよりもページ数が少なかった(300ペーじくらい?)ので、すぐに読み終わるかなと思っていたんですが、そんなことはありませんでした。

というのも一段落がやたら長いんです。改行なしで10ページ以上描写が続くシーンもあって、本当に文字が詰め込まれているんです。
しかも本来、句点で区切ってもよさそうな文章を、ぜんぶ読点で繋げたような文章が大量にあるんです。 途中、『失われた時を求めて』を読んでいるかと錯覚するくらい、とにかくワンシーンがひと息で書かれているんですね(『失われた時を求めて』の方は途中で挫折して読みきれていないんですが)。

自分はどうにもこういう詰め込まれた文字というのが苦手です 1
なので、なんで改行しないんだよと思いながら苦しみつつ読み終わったのですが、巻末の解説を読むに、どうやらこの長大な一続きの描写は意図してのことだったようです。
以下、その理由の説明です。


作中では、現代日本と対比するように、『もう一つの日本』における兵士たちの姿が描かれます。

だが、さっきの兵士の身のこなし、移動の異常なスピードは、視界が悪いということだけでは説明がつかなかった。兵士の身のこなしとそのスピードがあまりにも見事だったために、なぜ自分たちは無言で歩かされていて少しでも立ち止まったりすると殴られるのか、そもそもここはどこで、自分はなぜここにいるのか、というような疑問を少しの間忘れた。

オリンピックに出ればすごい記録を出すであろう身体能力を兵士たちは身につけています。
また小田桐が辿りついたアンダーグラウンドで、そこに住む老人や子供たちのモラルの高さも描かれます。

ごくまれに、学年に一人いるかどうかという割合で、まったく別のタイプがいた、放っといても勉強ができて、足が速く、不良のグループにも平気でおはようと声をかけてくるような奴だ、先生に食ってかかることもあるし、冗談もうまい、そういう奴は手に負えなかった、(中略)こいつらは、と小田桐は次の発着スペースで降りていった生徒たちを見て思った。全員、その手に負えないタイプなのだ。


 おしゃれな人だよね、
「あの人は東北戦争を戦った有名な軍人ですよ」  どうしておしゃれなどと言うのかわからない、という口調だった。
(中略)
……でも、私たちは皆きちんとした服装をするのが好きなの、おしゃれということではないのよ、ここはいつも世界乳から注目されているから、きちんとした格好をしていなくては」
 それが本当のおしゃれってことなんだよ、言いたかったが止めた。

このように、『もう一つの日本』に住む人間たちは、ほぼ完璧な肉体と精神を形成していると言えますが、それは過酷な生存競争の中で培われたものでした。

「死なないようにとそれだけを考える、つまり生きのびることだけを考える、それがどういうことかわかるかね?」
 小田桐はまた、わかりません、と首を振って、お茶を一口飲んだ。
「それがゲリラの本質だ」

彼らは戦争に敗北し、民族消失の危機に陥っているからこそ、ゲリラとして戦争をしているからこそ、高い能力と倫理観を維持することができているのです。

巻末の解説によれば、冒頭で述べた長大な一続きの文章は、『もう一つの日本』の住人が経験していることを、読者に追体験させるための仕掛けとして機能しているようです。

なぜなら、生き延びることだけを考える「ゲリラの本質」さながら、ひたすら読まれ続けるためにのみ書き伸ばされようとするこの戦闘描写には原則として終わりがなく、その終わりのなさのなかで、反復はたえず、新たなものを作り出そうとしているからだ。改心とは、新たなものになることの倫理にほかならない。そして、このとき最も重要なことは、理想的なものに向けての主人公のその改心が、執拗なまでに即物的なこの描写を読みたどる読者との一種濃密な教頭において成就されようとする点なのだ。つまり、読みながら、我々もまた新たなものになってくるのである。

つまり、終わりなき一続きの文章を読まされることで、読者自身が「ゲリラ」となって生き延びる意思を持つようになることを狙っていた、ということでしょうか。
戦闘描写を読みながら眠くなった自分にとっては、つまりこの仕掛けが上手く作用しなかったということなのでしょう。
もしくは自分はこの小説内で批判されている、まさにその対象であったと、そういうことなのかもしれません。

敵にもわかるやり方で、世界中が理解できる方法と言語と表現で、われわれの勇気とプライドを示しつづけること、それが次の時代を生きるみなさんの役目です

作中に登場する音楽家ワカマツ、広場で踊るダンサーの少女、英語を流暢に話すアンダーグラウンドの住民たちが体現するこの標語。
とても力強く気高いのですが、そこから零れ落ちるものもあるんじゃないのかなとも思うのです。


  1. 実際『五分後の世界』を読んでいる途中で2回ほど寝落ちしてしまいましたし。睡眠導入としては良いのかも。なんて書くとファンの方に怒られそうですが……。